クレジットカードのショッピング枠現金化をして金銭トラブルを解決

選ぶ理由を具体的に考える

ネットショッピングをする

クレジットカード現金化を利用する際に選ぶべき金券はAmazonギフト券であると理解して頂けたでしょう。多くの金券がある中で、これほどさまざまな商品に利用できるものはありません。同様の金券が数年以内に現れるようなことは考えにくいので、Amazonギフト券が最も価値があるという状況はしばらく続いていくでしょう。でも、これを読んでいる方は、Amazonギフト券と他の金券ではどれくらいの差があるのかが気になるはずです。
Amazonギフト券以外の金券といえば、先ほどのページでも挙げたお米券やビール券といったものでしょう。もちろん、これらも現金で買い取ってもらうことが出来ます。ですが、高く買い取ってもらえる場所を見つけたとしても、元の金額の80パーセントといったところでしょう。10万円分の金券を売れば、8万円の現金になります。2万円のマイナスが出ることになるんです。このマイナスはクレジットカード現金化をする上で絶対に出てしまうものです。だからこそ、少なくする必要があるんです。
Amazonギフト券の場合であれば、高ければ元の金額の94パーセントで買い取ってもらえる場所があります。10万円分の金券であれば、9万4千円です。つまり6千円のマイナスしか生まれないわけです。Amazonギフト券と他の金券のマイナスの差は、必要とする現金化の額が大きくなればなるほど開いていきます。一度に大きな金額をクレジットカード現金化で手にしようとする方はもちろん、少額であっても繰り返し利用する方にとっても蓄積されれば大きな負担になります。
具体的な金額を知ることでクレジットカード現金化におけるAmazonギフト券の必要性をより強く理解して頂けたはずです。忘れないようにしましょう。